フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« デイ・ウォッチ(Day Watch) | トップページ | エスター(Orphan) »

2010年7月19日 (月)

1408号室(1408)

1408

スティーブン・キングの短編小説が原作のホラー


評価: ★★★★★(5/5)
一言: 「ホラーらしいホラーで怖く、ストーリーも良くできてる!」


スティーブン・キングが原作とあれば、観ないわけにはいきませんw
キング原作といえば、「キャリー」「シャイニング」など傑作揃いv

といいつつ、観た当初は原作が誰か知りませんでした(^^;)
観た後知ってナットクです☆

a

Header12_2

■ストーリー

神も霊も信じない幽霊ツアーガイドブックのライターマイク
(ジョン・キューザック)の元に、「絶対に1408号室に入るな」
とだけ書かれたポストカードが届いた。

半信半疑でそのホテルの情報を調べると、その1408号室に泊まった宿泊者が
全員謎の死を遂げたことを知る。

興味が沸いたマイクは次回作の為に1408号室に宿泊することを決意する。

a

1408t1failedconv000219170213

1408t1failedconv000254170214

1408t1failedconv000878170240

1408t1failedconv001454170324

1408t1failedconv000661170231

1408t1failedconv002178170412

1408t1failedconv002915170442

1408t1failedconv003372170547

a

↓気になる予告編はこちら☆

a

■感 想

この作品は良くできてます!!
グロ系は一切なく、心理的に追い詰められます(笑)
(日本のホラーに近いのかな?)

主人公は、「ジョン・キューザック」、ホテルの支配人に
「サミュエル・L・ジャクソン」 ?!こんな所にもサミュエル出てるんですねw
アイアンマンの最後にもチョコッと出るなど、おいしい所に出ていますw

また、数字遊びですが、題名の1408は足すと1+4+0+8=13となり、
欧米では、13階はなく12階の次は14階、、そうです1408号室は実質の13階。
さらに、ホテルの開業年1912年も足すと13となります。
(意外にこだわっていたんですねww)

調べてみると、この作品の監督はミカエル・ハフストームという人ですが、当初の
予定では、あの「ホステル」のイーライ・ロスが監督をする予定だったそうす。
しかし、原作のスティーブン・キングが、「彼を監督にすると、作品が血まみれに
なってしまう。」と却下されてしまったらしい。

確かに納得です。この作品はグロは無く、心理的恐怖で追い詰めてきます
ラストのシーンも「これは!」と予想していたけど、その先があって見応えもあります。

本作品は、全編「ジョン・キューザック」ですが、演技が迫真に迫っていて
上手いです! 特に精神崩壊していく感じなんか良く表現されていて
引き込まれます☆

密室の映画ですが、それを飽きさせない様々な演出が随所にありおもしろい!
単純に呪われた部屋なんだと深い意味を追求してはいけませんw

間違いなくオススメする作品です!!

↓ ポチッとお願いします!励みになります!
ポチッとよろしく!

« デイ・ウォッチ(Day Watch) | トップページ | エスター(Orphan) »

イチオシ映画!!(★5)」カテゴリの記事

コメント

>本・映画・色々さん
 コメント+ブログでの紹介ありがとうございます☆
 ホント良くできていて面白いですよね! 観て頂けて良かったですv

『1408号室』観ました。
 メチャクチャ面白かったです。
 いやあ、本当にありがとうございました。
 このブログの記事を読まなければ多分、観なかったと思うので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562654/48920433

この記事へのトラックバック一覧です: 1408号室(1408):

« デイ・ウォッチ(Day Watch) | トップページ | エスター(Orphan) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ