フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« 519号室(The Echo) | トップページ | 96時間(Taken) »

2010年7月22日 (木)

第9地区(District9)

D91_2

アカデミー賞作品賞、他4つの部門にノミネート!


評価 ★★★★★(5/5)
一言 「人種差別を異星人に置き換えたドキュメンタリー」


南アフリカ・ヨハネスブルク上空に突如出現した宇宙船・・・
ついに人類は宇宙船に乗込むが、そこで見た驚きの光景とは・・・
それから28年間宇宙船はずっとそこに停滞し、もはや宇宙船は
ヨハネスブルクの景色の一部と化していた。

a Trailerdlfailedconv003206230924 a

■ストーリー

南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、05年製作の自作短編
「Alive in Joburg」を長編として作り直したSFアクションドラマ。

28年前の1982年、南アフリカ上空に突如UFOが飛来。
その後ずっとそこに停滞していたが、人類は遂に宇宙船に乗り込む・・・

そこで見た光景は、今にも死にそうな異星人達が何百万人といた。
政府は不気味な容姿をした異星人を難民として受け入れるが、やがて
彼らの特別居住区「第9地区」はスラムと化す。

2010年、難民のさらなる人口増加を懸念した超国家機関MNUは難民を
「第10地区」に移動させる計画を立てるが・・・

製作は「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン。

a

D9_1thumb

Trailerdlfailedconv000489230723

Trailerdlfailedconv001146230758

Trailerdlfailedconv001204230801

Trailerdlfailedconv001842230827

Trailerdlfailedconv003033230938

District_9_poster

a

※予告編はこちら~☆

a

■感 想

これって・・・
もろ、アパルトヘイトじゃん。。
そう、この映画の背景にあるのは南アフリカのアパルトヘイト政策と
ケープタウン第6区 (District 6) のメタファー
です。
社会的・政治的メッセージ性、優れた演技やオリジナリティ、VFXどれを取っても
今までに無い映画です。

本作は、29才の新人監督で南アフリカ出身のニール・ブロムカンプが監督。
彼の体験が基になっているらしいです。
立ち入り禁止地区の不衛生な感じなど、現在のアフリカの社会問題を強烈に
表現しています。

そのためドキュメンタリータッチで物語は進んでいきます。後半は宇宙人の
兵器を使用したVFXがありますが、雰囲気を壊さず非常に良くできています。

最後も強烈な皮肉で終わってます。
この作品自体、ストーリー/映像、共に非常に良くできてて文句なしです!!

Trailerdlfailedconv003386230952

a

しかし、更に驚かされるのは以下の宣伝用HPです!!

宣伝用HP: D-9.com (海外)

上記サイトに入ると、まず「人間」「宇宙人」かで入り口が分かれています。

D9hp2

ここから、「人間」か「宇宙人」かで立入禁止区域とかの地図が表示されます。
人間で入ると女性の声でやさしく安全地域の説明をしてくれますが、
宇宙人で入ると、厳しい軍人の口調で立入り禁止地域の説明をしてます。

a
さらにたくさんのサイトが準備されており、それぞれが全て完成しています。
MULTI-NATIONAL UNITEDのサイト(UNのこと??)

D9hp3

a
a
更に、勉強も。
宇宙人が教えてくれた数学!?

Maths_from_outer_space_an_mnu_spons

a
a

最後は、宇宙人と人類のブログ!?きちんと翻訳ボタン付きです!!

Mnu_spreads_lies_1279805228003

a
といった感じで、宣伝用サイト(正式には言い方があったと思うが忘れた)が
異常なまでに良くできてます。これは、映画公開前からあって、公開前と後で
若干変わったと思います。

珍しくなが~く書いてしまいましたが、それだけの映画ということです(笑)
この映画を日本公開前に見て、あまりに良くできてたので周りの人に言ったけど、
笑い話にしかならなかったです(^^;

だって、説明するとき宇宙人が難民って言うところでB級過ぎ~ってなるんだもん(爆)
その後、アカデミー賞にノミネートされて更にビックリしましたが!
受賞しても良かったんでは?と個人的には思いますが。

a

日本の映画配給会社のHPもありましたので、載せときます。

日本のHP: D-9.gaga  (映画会社も頑張ってますね。。)

上記サイトでは、渋谷や名古屋などの地域の異星人警戒システムがありますw
映画の雰囲気を壊さない良いアイディアなんですが、着ぐるみがチャチィので
お笑いになってしまっている・・・ (残念、結果壊しているような)

↓ ポチッとお願いします!励みになります!
ポチッとよろしく!

« 519号室(The Echo) | トップページ | 96時間(Taken) »

イチオシ映画!!(★5)」カテゴリの記事

コメント

ななさん、こちらこそよろしくお願いします☆
スプラッター以外は大抵好きですw

>「特攻野郎」でも素敵でしたね。
特攻野郎は昔、すごく好きで観てましたが、
映画は、まだ観てないです(^^;
コプリーのモンキー役、楽しみですv

happy01こんにちは

拙ブログにコメントありがとうございました。
そしてブログ開設おめでとうございます。
SF作品お好きなんですね~
これからもよろしくお願いします。

>説明するとき宇宙人が難民って言うところでB級過ぎ~ってなるんだもん(爆)
あははは~,そのとおり。
わたしもこれ,アカデミーノミネートや世間の評判がなかったら
か~るくスルーしてたと思います。あらすじを聞いた地点で。
でも観てみるともう面白いのなんのって。
異色のジェットコースタームービーでした。
主役のコプリーさんのファンになっちゃいましたよ。
「特攻野郎」でも素敵でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562654/48949767

この記事へのトラックバック一覧です: 第9地区(District9):

» 第9地区 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
レンタルで鑑賞。いやぁ,世間の評判通り,これは正真正銘の傑作だわ。まず,「エイリアン難民問題」という斬新な設定がいい。そのうえ,アクション,SF,社会風刺,ヒューマンドラマなどなど,あらゆる要素がぎっしりと詰まった,豪華な福袋のような作品なのだ,これ。 南アの第9地区に居住させられているエイリアンた... [続きを読む]

« 519号室(The Echo) | トップページ | 96時間(Taken) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ