フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« PUSH 光と闇の能力者(PUSH) | トップページ | トランスポーター3 アンリミテッド(Transporter 3) »

2010年8月 6日 (金)

パラノーマル・アクティビティ(Paranormal Activity)

Poster

ドキュメンタリータッチのホラー


評価: ★★☆☆☆(2/5)
一言: 「実際に起こったら、きっとこんな感じなんだろ~」


予告編で、しきりに観客の驚き顔だけをみせていたあの映画でっせぇ~
あとから知ったのですが、制作費130万円で、全米で96億円を達成したという
大化け映画です(笑)

この手の映画は、真っ白な状態で観た方が楽しめると思うので
ここからは、気になる人だけ観てくださーい。

a

■ストーリー

平凡な一軒家で幸せに暮らす若いカップル(ミカとケイティ)。
しかし毎晩寝付いた後に家の様子がいつもと変わっていることに気づく。
少女の頃から不可思議なことが起き続けているケイティは、その原因は
自分にあるのでは?と感じていた。

彼女の恋人であるミカは自分たちの家に起こっている“何か”をはっきりさせるため、
生活の一部始終をビデオカメラで撮影することにする。
テープが回り始め、ミカの執着が大きくなっていく一方で、ケイティは不安を募らせていた。
なぜならその“何か”は、ビデオカメラで撮影されることを嫌がっているような気がしたのだ。

ミカはケイティの忠告には耳を傾けず、自らの家と、自らが愛する女性を守るため、
カメラを回し続けることを決断する。
真夜中、2人が眠りについた後、何が起きているのか・・・。
ビデオには衝撃の映像が映っていた。

Pa2

O0500033310409205130

a

↓撮影した映像を確認すると、ケイティが夜中に起きてずっとミカを観ながら
数時間立ち尽くしている
という奇妙な行動が撮影されていた。

Pa11

O0500033310409205097

a

↓更に、正体を突きとめる為に寝室に入る床に粉をまき侵入者が来たら判るような
トラップをしかけておくと、見事にトラップにひっかかっていた!!

Pa8

Pa9

a

■感想(ネタバレ注意)

見事にCMにダマサレタ~~
予想以上に怖くないです(笑) (もう少し怖いと思ったが・・・)

残念ながら、ドキュメンタリータッチで描かれる為、中盤までかな~り退屈。。
しかも演出が難しいPOV(主観映像)作品である為、さらに追い打ちをかける。。
途中、途中ビックリさせる仕掛けはあるが、リアリティを演出する為か地味 (- -)

ミカがケイティの為にイロイロと頑張るんだけど、ことごとく意見が合わないw
ケイティが何かに取り憑かれているようだとなり、ウィジャーボード(西洋版コックリさん)
を持ち出したミカに激怒!

という感じで流れる為、眠さとの戦いに(あ、寝てませんよ!!)
この映画、最後まで観られるかがポイントです(笑)
頑張って観た人は、それなりに納得はすると思う。

自分が観たエンディング(レンタルDVD)は、警官に発砲されてしまうもの。
これを見終わった後の一言・・・
 「うーん、まぁ、実際に起きたら、こんな感じで終わりそぅーー、さ、寝るか

※なんと別エンディングがこれ以外に2種類あったようです!
 (観なかった・・・悔しい・・・ 後半に追記しときます。)

■予告編

a

↓亀田選手もビックリしたようですw

Z230002398_2

a

■別エンディング

1.別エンディング1つめ

 ミカとケイティーが下の階で何かと格闘している音声と叫び声の後、突然静寂になる。
その後、ゆっくりと階段を上る重々しい足音が聞こえ、突然ミカの体がカメラに投げ
つけられ、カメラは三脚ごと倒れてしまう。

 ケイティーがゆっくりと視界に入ってくるが、彼女の服は血だらけになっており、
うずくまって息絶えたミカの体を嗅ぎ、カメラに向かって笑顔を見せ、そしてカメラに
向かって突進するケイティーの姿を捉えた後暗転する。

 エンド・クレジットでは、数日後にミカの死体は警察によって発見されたが、
ケイティーの行方は不明であると述べられる。

2.別エンディング2つめ

 下の階から上に上がってくるまでは同じで、ケイティがナイフを持ってベッドルームに
戻り、ビデオカメラの前で喉を切り裂くというもの。

※リアリティを追求するなら、本作のエンディングで正解と思う!悪魔なら1だけど、
悪魔となった途端、何でもアリだからなぁ。個人的には驚きが無い。2でもありかな?

a

ボロ儲けしたので、ウハウハな監督w
脚本から編集までを手がけたオーレン・ペリ監督はイスラエル出身の39歳

Tky201002050313

■P.S.

なんと、味をしめた配給会社が2の作成を決定!!!(笑)
(もう2の制作費の元もとってるということかw)
正直どうなるんだか??監督は『ソウ6』で長編デビューしたケヴィン・グルタートとのこと。
ソウは最高だったけど、6は微妙だったような(笑) 大丈夫か!?

※「パラノーマル・アクティビティ2」は、北米で2010年10月22日、
  日本公開は、2011年2月11日予定だそうです!
  なんか、ティーザートレーラー(先行予告)観ると、自分が観た1の最後と違う・・・

  正式トレーラーが出たら書きます♪              (2010/08/26追記)

さらに、iPhone用のアプリがあることが判明w
なんと、自分が悪魔になって、驚かすというゲームらしい。AR技術も使ってるみたい。
興味がある人は遊んでみても良いかも?(無料アプリ)

Preview1

Preview2

Preview3

↓無料アプリはこちらから
http://itunes.apple.com/jp/app/id366948957

a

« PUSH 光と闇の能力者(PUSH) | トップページ | トランスポーター3 アンリミテッド(Transporter 3) »

イマイチ映画(★2以下)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562654/49077613

この記事へのトラックバック一覧です: パラノーマル・アクティビティ(Paranormal Activity):

« PUSH 光と闇の能力者(PUSH) | トップページ | トランスポーター3 アンリミテッド(Transporter 3) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ