フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

« アダルトボーイズ青春白書(Grown ups) | トップページ | ディセント (The Descent) »

2010年9月 2日 (木)

銀河ヒッチハイク・ガイド (The Hitchhiker's Guide to the Galax)

Hitchhikersguide

全世界で1600万部が売り上げた大ベストセラーの映画化・・・らしい(^^;


評価: ★★★★☆ (4.5/5) ※限りなく5に近い
一言: 「バカげてるけどオモシロイww」


スティーヴン・ホーキンス博士やジョージ・ルーカス監督を
夢中にさせた故ダグラス・アダムスのSF小説が映像化。
突然宇宙人に破壊された地球の最後の生き残りとなった男が、
銀河のヒッチハイクガイドブックを片手に奇想天外な宇宙の旅を
巡るSFアドベンチャー・コメディ!!
(そんなことは全く知らず観たけど、なんか良ぃ~☆)

a

Hitchhikersguidet2failedconv00328_2

                               DON'T PANIC

■ストーリー

主人公アーサーは、いつもと変わらぬ朝の目覚めの紅茶を楽しんでいた。
しかし、突如地響きがし、驚いて外に出ると「ハイウェイ建設の為、
あなたの家を今から撤去します。」との通達。。。

「この事は、だいぶ前から役所に公示していました。見なかった
あなたが悪いですね。」とお役所仕事の捨てゼリフを言う。
そうして、あれよあれよと取り壊しが始まり、ほぼ終わろうとした時、

突然、世界各国の上空に無数の巨大な宇宙船が現れた。
「地球の皆さん、こんにちは。ご存知のとおり、辺境区の開発計画に基づき、
太陽系を通る銀河バイパスが建設されます・・・」と話し始める。

皮肉にも、どこかで聞いたようなセリフを言い始めた。
「地球を破壊する事は、50年前からアルファ・ケンタウリにある役所に
公示されていた。見なかったあなたたちが悪いと・・・」

その公示を知ってたのは、なんとイルカで期限までにちゃんと立ち退いていた。
イルカは親切にも人間にその事実を伝えようとしたが、人間は愚かにも
イルカの言っていることを全く理解できなかったのだ・・・

そう、人間は地球上で一番賢いと思っているが実は3番目、2番目は
イルカだったのだ。

運良くアーサーの友人フォードが宇宙人だった為、アーサーとフォードは
その巨大宇宙船にヒッチハイクで乗り込み、地球崩壊から生き延びた。

こうして、壮大な銀河ヒッチハイクが始まる・・・

監督はミュージック・ビデオ界で活躍し、本作で劇場長編
デビューを飾ったガース・ジェニングス。

出演はマーティン・フリーマン、サム・ロックウェル、
ジョン・マルコヴィッチ、アラン・リックマン等。

a

Hitchhikersguidet2failedconv0007630

Hitchhikersguidet2failedconv0009890

Hitchhikersguidet2failedconv0010420

Hitchhikersguidet2failedconv0011540

Hitchhikersguidet2failedconv0011690

Hitchhikersguidet2failedconv0012390

Hitchhikersguidet1failedconv0016760

Hitchhikersguidet1failedconv0018340

Hitchhikersguidet1failedconv0017660

Hitchhikersguidet1failedconv0022250

Hitchhikersguidet1failedconv0024190

Hitchhikersguidet1failedconv0029030

a

※奇想天外なストーリー予告はこちら☆

a

■感 想

初めて観たとき、全くの白紙状態で観た為か?冒頭のイルカシーンで
「!?、なんじゃ?この超B級感は!?」と口が開いてしまったww

でも、その歌詞が凄くナイス(笑)!! だって、陽気なオーケストラで
 「さようなら、魚をありがとう♪ 人間は魚をくれるから好き♪」
 「さようなら、魚をありがとう♪ こんな結果になって残念だ♪」
 「あんなに警告したのに♪  ・・・・」
てな感じで始まるんだもんww

いやぁ、オモシロイw ”物事は見た目通りとは限らない”の教訓です(爆)

さらに、ある宇宙人が「生命や宇宙、全ての疑問に対する答え」について
知りたくて、それを計算する為のスーパーコンピュータ(ディープ・ソート)を
作ったが、その答えは750万年後にでます・・・ってコンピュータが言い、
その時にまた来て下さいってサラッと言うしまつ(爆)→きちんと答えでますヨw

まぁ、答えのないもの(答えは無数にあるもの)を追求しても意味はないし、
その答えが出てもそれには特別意味がないという話なんだろうけど。

なんていうか、固定観念を覆される感じなので不思議な魅力に
溢れた作品
です!!!
(筋道だてて、起承転結を求める人は、全くダメな作品かも。。) 

あと、ボゴン人が完璧な公務員対応でウケます(笑)
内容を考えることなく、”所定の申請書で、所定のサイン”があれば
なんでもOKww まさに公務員!?

マーヴィンも、なんとも言えないカワイサ?がある。
いつも憂鬱なロボットだけど、惑星規模のコンピュータを内蔵している
ロボットなので、全ての答えを判ってしまってるのか??

a
                         (↓マーヴィン:いつも憂鬱w)

D45f4f7169a6411b71b78ae64ec6f25d

a

それに、ボゴン星に降り立ったときの、カニ!?
非常用宇宙船で不時着したときに、仲間と勘違いして喜んで近寄る感じw
なんとも笑えます!

さらには、最高のコンピュータが設計した「銃」!男性には痛烈に効くけど
女性には全く効かないらしい・・・w

この作品は、原作が凄く面白そうなので時間があったら読んでみよ☆

あまり深い意味を考えないで楽しみたい時に見るとオススメですw
(でも、きちんとイギリス流ブラック?ユーモアが散りばめてある)

[※評価を5にするか迷った~(4は日本人だからかw)]

★ここからネタバレ注意★(反転して観て下さい)

750万年かかって出た答えは「42」 (750万年待ちました!!)
当然、この訳のわからない答えに納得いくはずは無いですよねw

コンピュータ曰く、答えは「42」であってます。あなた方は、「究極の答え」に
対応する「本当の疑問の意味」が判っていないのでは無いですか?
判っていれば、簡単に出たはずです。と逆に言われる始末(爆)

そこで、宇宙人は、「究極の疑問の意味」を求める為に更なるコンピュータを設計する。
そのコンピュータは生命体を取り入れたもので、その名を「地球」という。
あまりにも大きいので惑星に間違えられるらしい。
その中で、その宇宙人は、より原始的な生命体となりプログラムを1000万年かけ
実行する必要があると。。

しかし、その「地球」はもう壊れちゃったんですよ(T_T)

でも、大丈夫! なんと地球で一番賢い生命体である(ハツカネズミ)が
きちんと対応策をしていました!!
(そう、あのハツカネズミ2匹(原始的生命体)が、その宇宙人だったんです!!!)

そして、究極の疑問の答えは、、、
「なんであれ、自分で考えた
幸せな結果なんですネ」と自分は解釈しました(^^;

結末と、どんな対応策かは、自分の目で映画を観て確かめて下さい!!
(こんな対応策ができるんだと、自分の視野の狭さを痛感させられますww)

こんな感じので、BBCのテレビドラマ「ドクター・フー」を思い出した。。
な~んか、感じが似てる☆

それと、「ギャラクシークエスト」! これも似てる~~v

a

            「最後に一つお願いするなら、おいしい魚が食べたいな♪w」

The_hitchhiker_s_guide_to_the_galax

a

■おまけ

次回、更新時に追記します☆
そう、「42」について・・・・(爆)

a

« アダルトボーイズ青春白書(Grown ups) | トップページ | ディセント (The Descent) »

おすすめ映画(★4)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562654/49328140

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河ヒッチハイク・ガイド (The Hitchhiker's Guide to the Galax):

« アダルトボーイズ青春白書(Grown ups) | トップページ | ディセント (The Descent) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ